読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいいにんげんになりたい

かっこいい人間になりたくて社会でもがき苦しんでる人の雑記です

やりたいことが出来ない3つの理由

「やりたいことやってみればいいじゃん」

と、やりたいことをやってる人間は簡単に言う。

そりゃそうなんだけど、それが出来ていたらこんなところでグチグチと長文を書き連ねていない…。

 

頭の中で出来ない理由が延々と沸いては消えを繰り返しているので、ここに一度書くことで悩みの輪廻を断ち切ろうと思う。

 

 

やりたいことが出来ない理由

 

1、やりたいことが分からない

 そう、そもそもやりたいことが分からないのである。でも今の仕事や環境には満足していない。何か他にやりたいこと、やらなくてはいけないことがあるような気がしている。

 

文章にするととんだ現実逃避野郎でしかないが、これは切実な悩みなのだ。恐らく同じ様な状況の人には分かってもらえると思う。

小学校の頃はちゃんと夢があったはずなのに、いつからか夢も野望も行方不明だ。

 

 

 

 解決策としては、幾つかの書籍にあったやりたいことを見つける方法を何回か試して見つけていくしかない。

 

1、必ず成功することが約束されていたら何をやりたいか?

2、人からの批判や周囲の事を一切考慮しないときに思い浮かぶやりたいことは?

3、一生困らないお金、地位、名声が手にはいるとしたらやりたいことは?

 

何をやりたいか分からなくなっている人は、きっと周囲の期待に応え続けてきた人ではないかと思う。

親を悲しませたくない、迷惑をかけたくない、失敗したら恥ずかしい…これらを考えなかった時に、自分が本当にやってみたかったことは、やりたかったことは?

 

一度では思い浮かばないかもしれない。その日の気分や体調も関わるので、日を変えて何回か繰り返す必要がある気がする。

 

 

2、やりたいことをやるのが怖い

 怖い理由は二つある。

一つは、今安定している環境を捨ててその道へ進んだときに、何を失ってしまうのか検討がつかない。

二つ目は、やりたいこと(=興味のあること、好きなこと)を仕事や、生きる術にしたときに、今の仕事のように嫌いになってしまうのではないか。

 

 

 

一つ目に関して。失うものの具体例は、金、休暇、地位、自信、健康、希望、保証etc.

 

給与が減るならば、どこまで生活レベルを落とす必要があるのか。生きていけるのか。

休暇が減るならば、健康を維持できるレベルなのか。仕事を続けられる生活が送れるのか…。

 

保証や健康も難しいところだ。

例えば、起業するとなればその会社がいつまで存続出来るのかは自分の腕にかかっている。退職金も無い、有給も無い。保証はゼロだ。

そこそこ安定した企業のサラリーマンならばそんな不安は無いだろう。

これらの不安は、道を変えるときに切っても切れない要素であると思う。多少は目を瞑るか、少しでも最悪の事態を回避できるように情報を集めるしかない。最低のラインを決めて、妥協点を探る。

 

 

二つ目に関しては、上記にあげた、自信や希望を失うことに近い。

 

やりたいこと(まだやっていないこと)を実際に仕事にすることで、自分の能力の無さから自信喪失したり、希望が無くなってしまうのではないか。

考えに考えて出した、唯一のやりたいことが嫌いなことになってしまうのではないか。その後に私に残るものはあるのか。

やらないからこそ、やったら出来るという可能性の中に生きていられるので延々と希望を作り出せる…この状況を抜け出したいけど抜け出すのが怖い。

 

これに関しては勇気を出すしかない…と思う。アドラー心理学について述べられている「嫌われる勇気」にもにたような事例が述べられている。

勇気を出す、とだけ言うと根性論であり何も解決にはならないので(そもそも勇気があればもうやっている)、解決策を練る。

 

例えば、サラリーマンと両立しながらやりたいことがやれるなら、利益が出るレベルまでもう少し本腰を入れてやってみる。

会社員からプロブロガーへと転身した人の例で、通勤時間にコツコツと記事を書いて収益が伸びてきたあたりで本職にしたという記事を読んだ。

 

起業するなら、具体例なビジネスプランを練ったり人に相談するなど。

資格が必要な職業への転職を目指すなら、資格取得のために今より多く勉強時間を取るなど。

 

どれも時間や気力が必要だが、やはり今いる状況から飛び出すためには多生の労力は必要だ。人生は等価交換だ。跳ぶためには膝を曲げなくてはいけないし、地面を蹴らなくては。より高く飛ぶためには腕を振り上げなければいけない。

 

 

 

3、現職で精一杯で行動する元気がない

 休日は目覚めれば昼、耐えきれない睡魔に負けて二度寝をすれば夜…そして月曜日へ。平日は仕事から帰れば日付が変わる、どんなに早く寝ても数時間しか寝られない…。

休日は恋人や友人との予定で過ぎ去る。平日は付き合い残業や、同僚や上司との飲み会で終わる。など。

現職と並行してやりたいことやってみるなんて体力無いよ!!!でも毎日満たされなくて虚無感と戦っているんだよ!って状況。

 

 

仕事に忙殺されている場合は、思い切って辞めるか時間を作るためにとりあえず転職する!…とはいかない。それが怖いのだ。分かる分かるよ…それが出来てたら苦労しないもの。

 

仕事を少しでも早く終わらせるために工夫する、SNSを閲覧する時間を減らす、睡眠環境を改善して短時間で回復できるようにする、体力をつける、会社の近くに住む、朝起きたらカフェイン剤を飲む、瞑想などを取り入れて脳みそが疲れない工夫をするetc.

これらをやる元気があれば早くやれって話なんだけど、やる元気が無い人は病院行った方が手っ取り早いのかもしれない。

とりあえず私はやろうと思う気力があるので、SNSを閲覧する時間を減らそうと思う。休日のカフェイン剤は今思いついたので今度試します。

 

 

友人や恋人や同僚との予定で時間が無くなる場合。あるある。

自分も、孤独が怖いのでついつい約束を断りきれずに自分の時間を犠牲にしてしまいがちだ。約束を断ったら孤独になってしまう、嫌われてしまう、次回から誘われなくなってしまう、評価が下がる…。

 

会社関係の誘いはなるべく断っていこう。さすがに送別会等の飲み会は断りにくいが、それ以外の小さな飲みは断る。頑張って断る。

そもそも会社を辞めたい、仕事に満足していないなら、転職した場合に今後この人達と関わる事は無くなるのだ。評価が下がって仕事が減れば早く帰れる。バンザーイ。

この時に周囲から受ける批判や蔑みは頑張って耐える。耐えるしかない…。

 

恋人や友人の予定が断りきれない場合、転職したい旨をちゃんと話しておく。そのために時間が必要だと説明する。

疎遠になってしまったらしょうがない。自分が求めるのが、人との繋がりなのか新しい環境なのか天秤にかける。

 

何かを得て何かを失う。何を選択するのか。

よくあるRPGゲームのクラスチェンジみたいで、剣士がクラスチェンジをしてより強い剣士になるのか、ジョブチェンジで魔法使いになるのか。あるいは魔法剣士になって魔法も剣もそこそこ使えるようになるのか。

 

人生はゲームだとか言うけど、セーブも何も出来ないし傷つけば痛いし本当にクソゲーすぎる…。

 

 

とりあえず思いついた解決策を試していく。ちゃんと文として書き出せば前向きに冷静になれる。

ではまた、おやすみなさい。