読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいいにんげんになりたい

かっこいい人間になりたくて社会でもがき苦しんでる人の雑記です

○○が好き!は本当にそう思っているのか

「○○が好きでなくてはいけない」

「○○が好きな自分になりたい」

「○○が好きな人が好き」

「○○が好きな人がかっこいいと思えるから」

「○○が好きであるべき」

「○○が好きだと好かれる」

「○○が好きだと評価されるから」

 

 

だから○○が好き。

 

 

 

 

 

 

 

↑の理論で好きになろうとしてるもの、本当に好きなものだろうか。

 

絵を描くこと、歌を歌うこと、ものを作ること、着飾ること、動物を愛でること、文を書くこと、本を読むこと、お話を作ること、写真を撮ること、漫画を読むこと、漫画を描くこと、旅行に行くこと、映画を見ること、ライブに行くこと、グッズを集めること、裁縫をすること、テレビを見ること、死に物狂いで仕事をすること、常に全力疾走していること。

 

 

 

私は絵を描くことが好きだ。

綺麗で細やかな絵を描くイラストレーターはかっこいいし素敵だ。確かな画力で二次元の存在に演技をさせる絵をアニメーターを尊敬する。

だから私は、人気のイラストレーターの様に素敵な絵を好きであるべきで、絵を動かすアニメーターに憧れている、と本気で思っていた。でもなんだか少し違うのかもしれないと最近気がついた。

 

キャラクターの過去や性格や背景を考えること、ぐしゃぐしゃと汚い絵だけど考えたことを吐き出すために勢いよく描くこと、そういうことが好きなのかもしれない。そして、絵だけじゃなくてアクセサリーや小物類の雑貨のデザインを考えて作ることが好きだ。写真を撮るのもワクワクして好きだ。

 

 

 

いまや簡単にTwitterで好きなアーティストの生活や考え方に触れることが出来る世の中になった。好きなことを仕事にしている人がたくさんいて、そういう人ばかりをフォローしていた私は自然に、

「この世には好きなことを仕事にしている人しかいないのでは」

「好きなことは仕事になるようなことでなくてはいけない」

「一つのことに熱意を注いで取り組まなくてはいけない」

…という恐ろしい考え方に捕らわれていた。

 

 

好きは一つでなくてはいけないものではないし、色んな事をやってもいい。仕事になんかしなくてもいい。いつか何か一つが仕事になって、それで飯を食っていけたらとても幸福なことだ。ただしそれは、好きに正直に生きて真っ直ぐ生きてきた人がなれるもので。

私はどうやら、好きなものを利用して人に好かれようとしたり、承認されたいという思いが入り込んでいたようだ。純粋に好きなものを見つけていなかったし、封印してきたようにおもえる。

 

だからこれから、少しずつ、人に好かれなくても評価されなくても好きなものを見つけていく。まだ間に合うかもしれない、まだ間に合うかもしれない。前を向きたい。